{ɂ BĽkW

e
本当にあったBL体験
本当にあったBL体験

No.0672「ジェラシー」

つい最近、学校へ行こうと歩いていると、目の前に3人の大学生位の男性が歩いてきました。 仮にその方達をA君B君C君として、ネコがC君だとします。 不意に、A君がC君に向かって、「あれ?お前なんか髪伸びた?」といってC君の頭を撫でるように触りました。 それに対しC君が、 「やめろよ~くすぐったいだろw」 と言いながら照れたように言います。 すると、その様子を見たB君が、 「おい、A。お前何やってんだよ」 と一言。 顔は笑ってましたが声が低く、威圧しているようでした。 それを宥めるようにC君が 「何Bマジになってんだよw」 話はそこで終わったのですが、 その後その男性達を見て見ると、A君に隠れてB君 […]

本当にあったBL体験

No.0671「恋の始まり?」

私の学校には、TくんとMくんという、王子様と呼ばれる男子が2人います。 行事でスキー旅行があり、Tくんはスキーが初めてで、Мくんは経験者でした。 練習中Tくんが転んでしまいそうになったところをスキーをしながら遠くに居たMくんが素早く駆けつけぎゅっと押さえて「大丈夫?」と言い、それにTくんは「ありがとう」と癒される可愛い笑顔で言ったのです。 それが2人の初めての会話でした。 行事も終わりMくんと帰宅途中のこと。 「悩み事があるんだけど」と言われ、「どうしたの?」と聞き返しました。 すると、スキー旅行で初めて話したTくんが可愛すぎてずっと見てしまう、依存症になりそう、と相談をされたのです(Mくんと […]

本当にあったBL体験

No.0670「…欲しいの?」

いつも私の斜め前に座っている可愛い系イケメンのH君。 後ろにいるいじられキャラのM君にプリントを渡す時、 「…欲しいの?」 なんて言い始めて思わず真顔に。 それだけでは飽き足らず「欲しいならおねだりして??」なんて言い始め…(※プリントのことです) 違うことを想像した私は絶対に悪くない!

本当にあったBL体験

No.0668「プロポーズ?」

私の通っている塾の話です。 ある日授業中、たまたま先生が席をはずしていました。 私たちが問題を解いている時、 となりの席にいたU.K君と、その後ろの席の男子S.K君が、 背中にシャーペンで文字を書いて遊んでいました。 文字を書くのを止めたと思ったところでS.K君が 「なんて書いたか分かった?」 とU.K君に問いかけました。 U.K君はあっさり 「わかんない」 と答えました。 するとS.K君は、 「S.K(KはU.K君のK)って書いたの。」 とさらりと言うのです。 それに対してU.K君は、 「何?俺達結婚してんの?」 と返します。 さらにS.K君は 「そうだよ?俺ら、将来結婚するの!」 ととても […]

本当にあったBL体験

No.0667「お手洗いでのヒミツ」

高校での出来事です。 ある日の授業中、2人の男子生徒が一緒にトイレに行きました。 周りも先生も「おー連れションか」と送り出したのですが、10分経っても2人は戻ってきません。 いくら何でも遅いと先生が見に行きました。 数分後、1人で戻ってきた先生は一言、 「見てはいけないものを見てしまった」 と言って授業を再開したのです。 その授業時間中、2人は教室に戻ってきませんでした。 先生の冗談だったのかもしれないのですが、 その2人が壁ドンしてるのを見たという目撃情報もあがったので 限りなく黒に近いグレーという判定が仲間内で下されました。

本当にあったBL体験

No.0666「水泳部遠征の夜」

私が高校の頃、水泳部のマネージャーをしていた時の話です。 その水泳部で私は先輩のK君(受け)と後輩の(私と同級生の)R君(攻め)の妄想をよくしていました。 2人は飛び抜けて泳ぐのが速い選手でした。 ある日、遠征がありました。 学校からは私とK君R君が参加し、夜のホテルではK君、R君が同じ部屋で私は隣の部屋でした。 何をしてるかただただ気になる私は隣の部屋に耳を澄ませていました。 すると、2人の声がうっすらと聞こえてきたのです。 「ちょっ、R!!そこはやめろ!/////」「えーー?なんでですかー?K先輩?」 これはやばい。と、私はその場で悶えていました。 次の日になると2人の距離が妙に近くに感じ […]

本当にあったBL体験

No.0665「ラブラブ観光バス」

中2の林間学校の時の話です。 地元へ帰る途中のバスで、事件は起きました。 その時はクラスのほぼ全員が寝ていて、起きているのは後ろの方に座っている女子数人と私くらいでした。 私と同じ班の男子にKとMという名の男子がいました。そのKとMは通路挟んで隣の席でした。 もちろんKとMは隣同士で、最初はそれぞれバスについているテーブルに突っ伏して寝ていました。 ある時、2人が起き出してきました。車内では某有名アニメ映画が流れていて、それを2人で眺めていました。 次の瞬間。 なんと、MがKの太ももに頭を預けたのです。 この時飲み物飲んでなくて助かりました (え…え?なにこれ?なにこれ??)と若干パニック状態 […]

本当にあったBL体験

No.0664「脚ドン」

体育のスポーツテスト中のことです。 私が友達と話していると、いきなりS君が 「Yのこと捕まえて!」 と私に言ってきました。 咄嗟にS君が言ったとおりにY君を捕まえると、 S君がY君の腕を掴んで体育館の隅っこに連れて行きます。 私の友達は私が腐女子だと知っていたので 「ちょっと盗み聞きしよ?」 と、ばれないようにS君とY君達の方に行くことにしました。 S君がY君に話しかけています。 S「Y。Tと何話してたの?」 Y君が逃げられないよう、S君は脚で逃げ道をふさいでいます。 私「え?脚ドン?(コソッ」 友「だね(コソッ」 Y「別に……何も話してないよ」 そう言ったY君の顔は少し赤くなっています。 S […]

本当にあったBL体験

No.0663「仲良し4人のうちの二人は」

私のクラスにいつも一緒にいる4人組が居ます。 この前その内の1人のAが一番背が低い子Bを遊びに誘ったのですが、もうひとりの子Cが「Bは俺と遊ぶんだ!」と喧嘩。 結局、4人で遊びに行く事になりました。 それ以降、Aに反論したCを観察していると、いつも背が低い子Bのことを見ているようで、彼の一番近くにいる事に気付きました。 そして先週の金曜、BとCの2人が手を繋いで下校している所を発見してしまいました…… 二人の顔がとても近くて……もう2人から目が話せませんでした。

本当にあったBL体験

No.0662「机に押し倒されて……」

私が中学2年生の時の話です。 私の行っていた中学の同級生男子達は、仲が良くて元気なんです。 どれぐらいかと言うと、取っ組み合いは日常茶飯事で、そのきっかけはいつも誰かが誰かにちょっかいをかけるからなんです。 そのちょっかいのかけ方が、絶対に相手の股間を触るみたいな感じで、それだけでも充分萌えるんですが……。 ある日いつもみたいに教室内でちょっかいかけてる男子がいました。 ちょっかい出してる方をH君、される側をA君とします。 H君はいたずらっ子みたいな感じで、八重歯がチャームポイントの笑顔がヤンチャっぽいイケメン君。 A君は頭が良くて見た目は落ち着いてるけど、皆とふざけあうのが好きなギャップイケ […]

 
© 2014 Visualworks,Inc.