{ɂ BĽkW

e
本当にあったBL体験

No.0666「水泳部遠征の夜」

私が高校の頃、水泳部のマネージャーをしていた時の話です。

その水泳部で私は先輩のK君(受け)と後輩の(私と同級生の)R君(攻め)の妄想をよくしていました。
2人は飛び抜けて泳ぐのが速い選手でした。

ある日、遠征がありました。

学校からは私とK君R君が参加し、夜のホテルではK君、R君が同じ部屋で私は隣の部屋でした。
何をしてるかただただ気になる私は隣の部屋に耳を澄ませていました。

すると、2人の声がうっすらと聞こえてきたのです。
「ちょっ、R!!そこはやめろ!/////」「えーー?なんでですかー?K先輩?」
これはやばい。と、私はその場で悶えていました。

次の日になると2人の距離が妙に近くに感じ、にやけるのを我慢するのに苦労したのでした。


関連記事

 
© 2014 Visualworks,Inc.